図書館司書の資格と求人

MENU

図書館司書の資格について

図書館司書の資格を取得する方法や図書館司書の仕事内容内容など
実際に仕事につくまでに必要な情報について紹介しています。

 

図書館司書とは、資格だけでなく図書館に従事する専門職員のことをさし
図書館資料の選択から発注受け入れなどを行い
書籍の分類をおこなったり、目録の作成や貸し出し業務などを行います。

図書館司書の資格をとる

図書館司書の資格を通信講座で取れます。

 

図書館司書の通信講座

 

通信講座でとると、図書館司書の資格が取れるのは当然としても
司書に必要とされる図書の分類や目録の作成や、
レファレンスサービスなど、司書に必要な
知識とスキルアップをすることができます。

 

近年の図書館ではIT化が進んでいるため、マルチメディア
資料などデジタル関連についても利用増え、図書館司書の仕事にも
幅が広がってきています。

 

そうした背景を受けて、現在図書館司書の需要が増え、
あわせて新しい情報ネットワークへの転換期を
迎えている図書館司書の仕事が注目を集めています。

 

そういった情報ネットワークとしての
図書館業務についても勉強できるのがメリットです。
また、大学の行う図書館司書の通信講座で
規定要件を満たした専修学校専門課程を修了した場合は
大学への編入も可能なため、いろいろな可能性が
広がります。

 

図書館司書の資格を取るだけでなく、生涯学習の観点からも
他方面的な勉強と資格の取得が受けられます。
通信講座の資料を読むことでもより明確な図書館司書に
求められる技能とスキルといったものがわかります。
女性の転職者が多く、女性の退職者の少ない図書館司書の資格は
非常に人気があります。

 

通信講座についてはこのサイトから無料で資料請求することができます。
  ↓ ↓
図書館司書の通信講座

図書館司書の求人

図書館司書の仕事に就く為に資格を取ったほうが断然有利ですが、
一部では資格の無い人でも図書館司書につくことが出来る
求人が出ています。

 

現在日本では地域によって図書館司書資格の有無を重視する度合いが
違うため、一般の求人として図書館司書の募集が出ることが
あります。

 

図書館司書の資格がある方が有利ではありますが、
きっちり情報収集すれば資格の有無に関係なく図書館司書に
なれます。

 

求人の数はそれほど多くありませんので、求人がでれば
すぐに連絡がもらえる図書館司書の求人情報が
得られるリクルートのリクナビNextやはたらいくに登録しておくことを
おすすめします。

 

ここから、登録できます。
  ↓
リクナビNEXT

 

はたらいく

 

求人の数はそれほど多くありませんので、求人がでれば
すぐに連絡がもらえる図書館司書の求人情報が
得られる。

 

もちろん、図書館司書の資格をもっている人には、司書資格必須の
図書館司書の募集もここから情報が貰えますから登録して
おくことをおすすめします。
正社員で図書館司書の求人を探すならリクナビNEXTが最適で
パートや派遣、アルバイトで探すならはたらいくがいいです。

司書の資格

司書になるためには、前提条件として司書・司書補の資格を
取る必要があります。
図書館司書資格取得は司書講習を受講するか、各種大学や短大での
必須教科の履修によって、取得ができます。

更新履歴